商品名・ブランド名・メーカー名・キーワードで検索>>>
 【カートを見る】 【マイページ】 【ご利用案内】 【お問い合せ】 【お客様の声】 【サイトマップ】
RSS
 

新型インフルエンザ/PM2.5対策!高機能マスクは信頼の当店で!

PM2.5対策にも利用出来ます。高機能マスク【ファンメディカル】


 当店が本ページでご紹介するマスクは、すべて【VFE試験】【PFE】試験にて、99%以上の遮断性能を確認した高性能マスクです。

 現在、問題になっている、『新型インフルエンザ』、『PM2.5』対策としてご使用頂けます。

※マスクは、使用上の注意をよく読み正しく装着しなければ、どんな高性能マスクでもその効果は得られません。特にお守りしたいお子様には、適したサイズのマスクを正しく装着させるようご注意願います。

現在庫完売後、次回入荷にはお時間を頂く場合がございます。ご理解のほど、よろしくお願い致します。


完全立体型 ウイルス感染防御マスク FSC-F99 
◆高機能No1※N99規格準拠

●医療用マスクと同形状のオーバーヘッドベルトタイプ。
●4層構造一体化(ウィルス捕集機能特殊不織布・超微細不織布・帯電化学繊維・耐久特殊不織布)
●第一層のウィルス捕集機能特殊不織布と第二層の超微細不織布(ナノ捕集)でウィルスを捕捉。
●静電気を利用した第三層(化学繊維)がさらにウィルスを吸着。
●耐久特殊不織布の第四層がマスクの機能、耐久性の低下を防止。
●鼻の凹凸部分にしっかりフットする形状記憶プラスチック入り。
●NIOSH(アメリカ合衆国国立労働安全衛生研究所)認定マスク検査装置TSI MODEL8130にて、擬似ウィルス粒子76nm(0.076μm)捕集率99.77%
■商品サイズ(本体):195*95mm  発売元:ファンメディカル

完全立体型 ウイルス感染防御マスク FSC-F99 1枚 

希望小売価格:
714円(税込)
価格:
680円(税込) <4%OFF>
購入数:

在庫

在庫あり

【送料無料】完全立体型 ウイルス感染防御マスク FSC-F99 20枚 

希望小売価格:
10,290円(税込)
価格:
8,200円(税込) <20%OFF>
購入数:

在庫

在庫あり

超防御ウイルス・花粉マスク F-98S
◆お勧め商品No.02◆※N98規格準拠

●鼻の凹凸部分にしっかりフィットする形状記憶プラスチック(ノーズクランプ)入りのウイルス対策マスク。
●4層構造で、ウイルスのほか、細菌・花粉の侵入を防ぎます。
●自然な呼吸間を与え息苦しさがなく、ノーズクランプが顔への密着を高めることによりメガネを曇りにくくします。
●耐久性が高く、繰り返し使用できるので経済的です。
●0.076㎛の模擬ウイルス捕集効率98.56%
●生体ウイルス遮断効率(VFE)99.9%
■商品サイズ(本体):175*90mm 発売元:ファンメディカル

超防御ウイルス・花粉マスク F-98S 3枚 

希望小売価格:
1,344円(税込)
価格:
1,000円(税込) <25%OFF>
購入数:

在庫

在庫あり

超防御ウイルス・花粉マスク F-98S 20枚 

希望小売価格:
7,245円(税込)
価格:
5,180円(税込) <28%OFF>
購入数:

在庫

在庫あり

超防御マスク 女性用・子供用 3枚
◆お勧め商品No.03◆※N95規格準拠

●子供や女性のように顔が小さい方にフィット!
●鼻の凹凸部分にしっかりフィットする形状記憶プラスチック(ノーズクランプ)入りのウイルス対策マスクです。
●4層構造で、ウイルスのほか、細菌・花粉の侵入を防ぎます。
●自然な呼吸間を与え息苦しさがなく、ノーズクランプが顔への密着を高めることによりメガネを曇りにくくします。
●耐久性が高く、繰り返し使用できるので経済的です。
●生体ウイルス遮断効率(VFE)99.9%
●微粒子遮断効率(PFE)99.67%
■商品サイズ(本体):145*90mm 発売元:ファンメディカル

超防御マスク 女性用・子供用 3枚 

希望小売価格:
981円(税込)
価格:
680円(税込) <30%OFF>
購入数:

在庫

在庫あり

超防御マスク 女性用・子供用 20枚 

希望小売価格:
5,981円(税込)
価格:
4,880円(税込) <18%OFF>
購入数:

在庫

在庫あり

●その他、新型インフルエンザ、PM2.5対策マスク、グッズはこちらから

●花粉症対策はこちらから

◆PM2.5とは



大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの。
粒子径2.5μmで50%の捕集効率を持つ分粒装置を透過する微粒子。
日本では訳語として「微小粒子状物質」の語が充てられるが、
日本以外では相当する熟語はなく専らPM2.5と呼ぶ。PM10と比べて小さなものが多いため、
健康への悪影響が大きいと考えられている。
アメリカで1997年に初めて環境基準が設定されて以降、1990年代後半から採用され始め、
世界の多くの地域でPM10とともに大気汚染の指標とされている。― Wikipedia ―

大気中に漂う微粒子のうち直径2.5マイクロメートル以下と特に小さいもの
(1マイクロは100万分の1)。通常のマスクも通してしまうほど小さいため、
肺の奥まで入りやすく、大量に吸い込むとぜんそく、肺がんなどの健康被害を引き起こす懸念が
指摘される。
日本の環境基準は、大気中の濃度を1年平均で1立方メートル当たり15マイクログラム以下、
かつ1日平均で同35マイクログラム以下が望ましいとしている。

PM2.5詳細図
                                出典:U.S. EPA資料

◆PM2.5の暫定基準値<環境省>



1日平均値が70マイクログラム/立方メートルを超える場合(環境基準値の2倍)

  ※環境基準(平成21年9月9日環境省告示第33号)
    微小粒子状物質(PM2.5)
    1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。

■人の健康や環境に及ぼす影響
  粒径2.5μm以下と小さいため、肺の奥まで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、
  循環器系への影響が懸念されている。

■PM2.5を始めとする大気汚染物質濃度の現在の状況については、
 環境省(大気汚染物質広域監視システム【そらまめ君】)や多くの都道府県等によって
 速報値が公表されています。

●そらまめ君<環境省大気汚染物質広域監視システム>
(環境省のホームページからもPM2.5測定結果を閲覧できます。)
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    http://soramame.taiki.go.jp/

■九州大学・竹村准教授の大気汚染粒子シミュレーションより大気汚染粒子シミュレーション

◆PM2.5の暫定基準値と行動の目安<環境省>



【1日平均値が70マイクログラム/立方メートルを超える場合】
  ・必要でない限り外出は自粛
  ・屋外での激しい長時間の運動を避ける
  ・肺や心臓に病気のある人や高齢者、子どもは特に慎重に行動する

【1日平均値が70マイクログラム/立方メートル以下の場合】
  ・特に行動の規制は必要ない
  ・病気のある人や高齢者、子どもは体調の変化に注意する

◆マスク試験規格



■FFP2
欧州連合(EU)の定める微粒子汚染物質対応マスクの規格。
そのグレードはFFP1・FFP2・FFP3の規格がある。
2008年WHOはこのEU規格FFP2と米国NIOSHの定めるN95規格を
医療従事者における個人保護用具として鳥インフルエンザ感染防止推奨策の中で提唱している。
米国規格との大きな違いはOILミストを使った耐油試験を実施している事。

■N95
米国国立労働安全衛生研究所が認定する使い捨てマスクの防塵規格。
N-90、N-95、N-99の三つの規格がある。
NIOSHが定めた9種類の基準の中で最も行くいものでNは耐油性がない事を表している。
0.076μメーターのNacl性粒子を96%以上捕集できるという性能を表している。
FFP2同様WHOの鳥インフルエンザ感染防止推奨策の中で個人保護用具としての推奨を
得ている。

■PFE
微粒子濾過効率試験 
試験粒子0.1μメータのポリスチレン製ラテックス球形粒子の除去率を測定する。
日本国内では粒子サイズがウイルスサイズに最も近いとしてウイルス対策等の表記をする
マスクにはこの試験をするよう厚生労働省が指導を始めた事から高機能マスクの定番試験となる。
なお試験機関としては米国ネルソン研究所が最も有名である。

■VFE
生体ウイルス遮断効率試験  
試験粒子は3μメーター。バクテリアファジウイルス(バクテリアに寄宿する生体ウイルス)を
使った米国軍規格の基準試験。生体ウイルスを使用する試験の為、日本国内での試験はできず、
米国のネルソン研究所のみで行う事が出来る。
試験そのものが貴重で国内のウイルス対策マスクの優位性を訴求する上で非常に効果的。

◆PM2.5対策マスクの選び方



通常売られている「花粉症マスク」や「サージカルマスク」などはフィルターの目が荒く、
PM2.5がすり抜けてしまいます。ですから、これらのマスクでは意味がありません。

PM2.5を効果的に防ぐには、上記試験規格のマスクが必要になります。

また、今年はPM2.5と黄砂が危険視されています。
早めの購入対策をおすすめします。



おすすめ『新型インフルエンザ』、『PM2.5』対策マスク」へ戻る!>>>

ページトップへ